株式会社 Pur Esprit 訪問介護事業所 Pur Soins NPO法人ことだま シェアハウス メヴィウス Kotoha総合相談支援センター
お問合せ menu

生活介護 LIFE CARE

生活介護とは?

生活介護の写真

⽣活介護とは、障害者⽀援施設などで介護や相談、助⾔など広い範囲で⾏う福祉サービスです。
⼀定の基準以上の障害(⾝体障害・知的障害・精神障害(発達障害)・難病患者など)があり、常に介護が必
要な⽅
が利⽤できます。

主に、昼間の時間、通所により⾏われ、以下のような⽀援を⾏います。
  • ・⼊浴・排せつ・⾷事などの介助
  • ・⽣産活動や創作活動の機会の提供
  • ・⾝体機能・⽣活能⼒の向上に必要な⼿助け
  • ・⽣活に関する相談や助⾔
  • ・その他必要に応じて⽇常⽣活をサポート

 

イメージとしては、⾼齢者向けデイサービスに近いですが、利⽤者様のニーズに合わせてリハビリテーションや就労(⽣産活動・創作活動)、作業訓練を兼ね備えた事業所です。

このように、⽣活介護施設は、養護学校を卒業した後、就労⽀援施設での雇⽤が困難なお⼦様や、在宅介護をベースにしつつも、ご本⼈のQOL向上とご家族の介護負担軽減のために、⽇中の支援をご希望される方のための通所施設となっています。

⽣活介護施設で⾏う⽣産活動・創作活動とは?

利⽤者様の状況に合わせて、簡単な調理や軽作業などを⼯夫しながら⾏なっていきます。
こうした⽣産活動やレクリエーションに加わることにより、⽇常⽣活での喜びや⾃⽴⼼を育み、社会性を養っていきます。作業を通して、⼈との関わりが円滑に進めやすくなるようサポートしていきます。

※なお、生産活動・創作活動に関しては任意参加となるため、こうした活動に参加されない方でも当施設をご利用頂けます。

私たちが⽣活介護施設を開設する理由

⽇中の家庭以外の居場所のため

中程度以上の障害がある⽅の場合、養護学校卒業後の進学先や就職先、受け⼊れ施設などが少なかったり、中途障害の⽅の⽇中の受け⼊れ施設が⾒つからなかったり、ヘルパーを使いたくても時間数が⾜りなかったり、希望する時間に空きがなかったりするケースが多くあります。そのため、1⽇中在宅介護の状態になることから、以下のような問題が起きていました。

  • ・社会との繋がりが薄れ、孤⽴しやすくなる
  • ・ご家族が働きに出られなくなり、家計が苦しくなる
  • ・ご家族の介護負担が⼤きく、⼼⾝ともに疲弊してしまう
  • ・お⾵呂などになかなか⼊れず、衛⽣的にも精神的にも⽀障が出る

 

また、親⼼としては⼀緒にいてあげたいものですが、親とはいつか離別する時がきます。
そんなときの、
「親亡き後の⼦供のことが⼼配」
「少しでも⾃⽴に向けてできることを増やしてあげたい」
このような気持ちから、⼦供が安全に⽣活していける、家庭以外の場所が求められていました。

⼩牧市内では⽣活介護が⾜りていないから

⼩牧市内には、⽣活介護に対応している事業所がほとんどありません。寝たまま⼊れる特別な浴槽のある施設となるとなおさらです。

そのため現在は、⼩牧市の⽅でも近隣の市区町村の施設を利⽤している状態でした。ただ、送迎をしていない事業所の場合、ご家族などが⾃分で送迎しなければならず⻑時間働きに出られなかったり、何かあった時もすぐに駆け付けにくい、などの課題があったのです。

障害が中程度以上の⼤⼈のお⾵呂の問題

障害が中程度以上ある成⼈の場合、お⾵呂に⼊れてあげたくても物理的に難しいケースが多くあります。
ストレッチャーの⽅でも⼊れる専⽤の特殊なお⾵呂は、⼀般の家庭にはほとんど普及していません。

さらに⼥性の場合、ヘルパーさんが⼊浴の代わりに全⾝を拭くくらいしかできないので、美容や⽣理時の衛⽣⾯なども満⾜にいかず、QOL(⽣活の質)の低下もみられました。

これらの問題から、障害のある⽅とそのご家族のサポートとなる福祉サービスが、⼩牧市内に必要と感じ開設に⾄りました。

⽣活介護施設「Reve(レーヴ)」の特徴

2020年に開設予定の⽣活介護施設『Reve(レーヴ)』は、⼩牧市内で送迎あり、⼊浴も可能な施設です。
寝た姿勢のまま⼊浴できる特殊な浴槽を設置するため、ストレッチャーや⾞椅⼦の⽅でも、しっかり肩までお⾵呂に浸かって温まれます。⼊浴する⽅も介助者の負担も最⼩限のため、快適な⼊浴をお楽しみいただけます。

また、当グループが運営している訪問介護「Pur Soins」やシェアハウス「メヴィウス」などとの連携もあるため、総合的に安心した日常生活を目指せます。

Reveでの1⽇

おおまかな1⽇の様⼦をご紹介します。

  1. ・9:50〜10:00までにReveに到着できるよう、順次お迎えにあがります
  2. ・到着後、バイタルチェックを行います
  3. ・⼊浴やレクリエーション、⽣産・創作活動、リハビリなどを行います
  4. ・12:00頃に昼食をとります
  5. ・16:00〜16:15頃にReveを出発し、順次ご⾃宅へ送迎いたします

 

当施設での⽣産活動は、⼣飯作りやおやつ作りなど、ご⾃宅でご家族と⼀緒に召し上がっていただけるような、楽しい企画を予定しています!

Reve(レーヴ)の概要

Reveとは、フランス語で『夢』を意味する⾔葉です。
夢を持って通える新しい居場所になれるようにという想いを込めています。

開設時期 2020年4⽉〜5⽉頃オープン予定
対象者 18歳~64歳、障害支援区分3以上の中程度以上の方
(養護学校の卒業生、中途障害の方、50歳以上の場合区分2以上も可)
※重度心身障がい者対応可。
所在地 愛知県⼩牧市南外⼭⻑⽥134番地
(県道102号線沿いのセブンイレブンの裏)
TEL / FAX 準備室 TEL:0568-44-1123 / FAX:0568-72-1176
営業日・時間 8:30〜17:30(祝日も営業)
定員 20名
運営会社 特定非営利活動法人 ことだま
利用料 利⽤者負担(⽉額)+⾷事代+⼊浴料+その他自費分(レクリエーション費用等)
※食事提供加算が付くとお安くなりますが、所得に応じて加算が付かない場合もあります。

⽣活介護の利⽤料

利⽤者の⾃⼰負担額は、⽉ごとの上限が決められており、世帯の収⼊状況等で分けられています。

【上限額の区分】

区分 負担上限額 世帯収入 備考(注)
生活保護 0円 ⽣活保護受給世帯
低所得 0円 市町村⺠税⾮課税世帯 3⼈世帯で障害基礎年⾦1級受給の場合は
収⼊がおよそ300万円以下の世帯
⼀般的1 9300円 市町村⺠税課税世帯
(所得割16万円未満)
収⼊がおよそ600万円以下の世帯
⼀般的2 37,200円 上記以外の世帯 ⼊所施設利⽤者(20歳以上)と
グループホーム利⽤者は、市町村⺠税課税世帯

【所得を計算する世帯の範囲】

種類 世帯範囲
18歳以上の障害者 障害のある⽅+配偶者
障害児 保護者が⼊っている住⺠基本台帳の世帯

(参考:厚⽣労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/hutan1.html

  • 訪問介護事業所 Pur Soins ピュールスワン
  • Kotoha総合相談支援センター
  • 介護総合型共同住宅シェアハウス メヴィウス
高齢や障がいで… 今の家では暮らしが厳しくなった 地域を変えずに最期まで住み続けたい 家を借りたくても審査が通らない! そんな方の為に誕生した セーフティーネット住宅とは?
RECRUIT 求む!人を笑顔にするのが好きなスタッフ
PAGE TOP